カテゴリ : 冬のメバル船釣り

初冬のメバルは産卵期を迎えていますからできれば卵を産むまでは控えるようにしたいものです。逆に大型メバルが接岸しますので大型が狙える時季でもあります。


いかなごとは、スズキ目 イカナゴ科の魚類。 形がカマスに似ていることから、「カマスゴ(加末須古)」と呼ばれることもある。稚魚は地方により「コウナゴ(小女子)」、「シンコ(新子)」と呼び、成長したものを「メロウド(女郎人)」、「フルセ(古背)」と呼ぶ。九州では「カナギ」と呼ばれる。北方系の魚であるため夏には砂に潜って夏眠を行うが、夏眠に適した粒度分布の海砂がコンクリートの骨材にも適していたため瀬戸内海のイカナゴ夏眠水域の海砂が建設資材として大量に採取され、瀬戸内海の多くの漁場が壊滅的被害を受けている。(Wikipediaより引用)

 

要は、新子が出てくる時期が有名なので、3月、4月の魚のような気がしますが、夏場は冬眠ならぬ夏眠をしている魚です。

more…

シラウオと混同する人がありますが全然異なるなる魚種です。

シロウオは、日本各地の沿岸の浅瀬に生息しており、産卵のために川に遡上します。

最近は釣りエサとして釣具屋に置かれるようになっていますが絶滅危惧Ⅱ類に位置づけされています。

生きたまま食する人もあるようですが、釣り餌としても生きが良く冬場の根魚のエサとして重宝します。

more…

メバルの船釣りの場合、夜釣りと明るい間の釣りでは多少差があり、やはり明るい間の方が繊細さは要求されるようにも思います。

どちらも仕掛けのトラブルはご法度ですから、とにかくハリスにトラブルがないようにエサをつける必要があります。

夜釣りの場合は青虫(青イソメ)である程度かさがあり、重量もありますから、餌が潮下に向かって引っ張られながら流れていますので比較的トラブルは少なくなるように感じます。

more…

船のメバル釣りの場合、メバル以外の魚が釣れることは稀です。

 
場所によっては根が低く、底を釣るケースもありこの場合はガシラ(カサゴ)が掛かることが多いのです。

 
時には黒ソイなどの大物が掛かることもあり、メバルの細仕掛けでは釣り上げることが難しくなります。

 
ですからこうした場所に行く時には、メバル仕掛けの下錘のところにもう一本仕掛けを付け加えて釣ることになります。

 
しかし、幹糸が1.5号程度の仕掛けでは、根掛かりしたときなど、仕掛けごと切れてしまうことになってしまいます。

 
やはり場所にあった仕掛けを作っていくことになります。

more…

メバルの船釣りの場合、場所、エサによって仕掛けが変わります。

 
冬のメバル釣りの場合は早朝に出船することがほとんどですから、明るい間の釣りとなります。

 
メバルは目の良い魚ですから、エサを自然に見せることが釣果につながります。

more…