この時期のメバル釣りの餌はシラサエビかサビキ釣り。

 
市販の仕掛けで基本は4本針で、全長が3m前後のものが多いです。

 
ですから、竿は最低でも3mは欲しいところです。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3012507391316008"
data-ad-slot="8044583152">

 
メバルは根に付く魚ですから、底が荒く、根を避けるために仕掛けをスムースに上げるには長い竿なら竿を上げるだけで避けることができます。

 
自分の扱いやすい長さの竿を使うのが良いでしょう。

 
調子は胴調子のものが良いです。

 
向こう合わせの釣りですから、食い込みの良い胴調子が良いとされます。

 
中通しの竿と外ガイドの竿を比べると外ガイドの竿の方が柔らかい調子のものがあるようです。

 
食いが立っているときは釣果にさほどの差はつきませんが、食いが渋い時は外ガイドの柔らかい竿の方が分があるように思えます。

 
風が強かったり、夜釣りの場合は中通しの竿の方がトラブルは少ないようですが、慣れれば外ガイドでも十分対応できます。

 
これから竿を買われるなら、並継ぎの3mから4mのメバル用の竿(5:5の軟調)をお薦めします。

 
私が主に使っている竿はサクラの金剛瀬戸船竿3.3mですが、もう少し長くて柔らかい竿の方が良いかもしれません。

 
リールは小型の両軸リールにPEの1号から2号を100mは巻いておきます。

 
最初はリールはカウンター付きが良いです。

 
メバルのいる棚を覚えたり、根の高さを測るのにカウンターが無いとリールの巻き数や糸の色で測るしかありません。

 
最近は手軽な価格で小型のカウンター付きのリールが出ていますから検討してみてください。

 
私も昨年の暮れに購入しました(笑)。

 
リールは手入れさえすれば長く使えますから、少し高価でもハンドルの遊びの少ないもの、糸のトラブルの少ないものを買うことをお薦めします。

 
PEと仕掛けの間にはナイロンの道糸を3mほどつないでおきます。

 
これは、根が荒いのでPEラインと仕掛けを直結していると、道糸が根にすれた時、PEだと瞬間に切れてしまうことがあるからです。

 
PEは船釣り用のものを使います。

 
船釣り用は10mごとに色が変わり、1mごとに印が入っていますので、カウンターの無いリールの場合はこれで棚を調べます。


Comments are closed.