船のメバル釣りの場合、メバル以外の魚が釣れることは稀です。

 
場所によっては根が低く、底を釣るケースもありこの場合はガシラ(カサゴ)が掛かることが多いのです。

 
時には黒ソイなどの大物が掛かることもあり、メバルの細仕掛けでは釣り上げることが難しくなります。

 
ですからこうした場所に行く時には、メバル仕掛けの下錘のところにもう一本仕掛けを付け加えて釣ることになります。

 
しかし、幹糸が1.5号程度の仕掛けでは、根掛かりしたときなど、仕掛けごと切れてしまうことになってしまいます。

 
やはり場所にあった仕掛けを作っていくことになります。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3012507391316008"
data-ad-slot="8044583152">

 
幹糸を2号から3号にという太さにし、下針をハリス2号、針はチヌ針の7号くらいにして、その下の幹糸の長さがその針と同じくらいになるように調節します。

 
このときのエサは上の3本の針にはシラサエビをつけ、下のエサにはあればもろこなどの小魚をつけます。

 
生き餌がなければ死んだ小魚でもOKです。


Comments are closed.