メバルの船釣りの場合、場所、エサによって仕掛けが変わります。

 
冬のメバル釣りの場合は早朝に出船することがほとんどですから、明るい間の釣りとなります。

 
メバルは目の良い魚ですから、エサを自然に見せることが釣果につながります。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3012507391316008"
data-ad-slot="8044583152">

 
仕掛けは竿の長さに関係することは前にも述べましたが、私の場合は使う竿が3.3mですから3mまでの長さの仕掛けになります。

 
エサが自然に漂うように見せるためにはハリスの長さが関係あるようです。

 
現在は30cmから50cmくらいの長さのハリスの仕掛けが多くなっています。

 
極端に長くする必要性はないようですから、何本針にするかで全長が変わってきます。

 
ハリスとハリスの間隔は、ハリスの長さを加えたものより長いのが理想ですが、50cmのハリスで標準の4本針にするには全長が4mを超えることとなります。

 
実際にはハリスとハリスの間隔はハリスの長さの1.5倍あればトラブルは減るようです。

 
それでも50cmのハリスで全長は3mを超えますので、なかなか市販のものではちょうど良いものがありません。

 
よって自作ということになります。

 
ハリスの長さを40cm、ハリスとハリスの間隔を60cm、上と下の端を50cmずつ取ると2m80cmとなりますから、私の竿とのバランスとしてはちょうど良いくらいになります。

 
ハリスと幹糸を止めるにあたっては、ハリスがよれたり癖が付いたりすると食いが悪くなりますので、ハリスの交換がしやすくトラブルの少ないようにしなければなりません。

 
ビーズを使うとハリスが道糸に絡みつくなどのトラブルは避けられるのですが、ハリスが切れたりした時のハリス替えが老眼の私には船上でする作業としては困難なのです。

 
ですからチチ輪で結びつけるようにしています。

 
これもハリスを替える作業はそれほどたやすいものではありません。

 
今年はビーズの付いたハリス止めを使ってみようと思っていますので、うまくいけばまた報告することにしましょう。

 
サビキを自作するのは少し手間なので、サビキを使わなければならない時は市販のものを少しカットして長さの調整をしています。

 
ハリスは08号か1号。

 
06号が標準となっていますが、ハリスのよれなどができた時はすぐ替えるなどの手間をかければ釣果には差がでていません。

 
逆にある程度大型が掛かった場合もバラス可能性が少なくなりますから安心できます。

 
幹糸はハリスに合わせて1.2号か1.5号を使います。

 
針はエサがシラサエビですから、メバル針の4号か5号です。

 
エサのシラサエビは陸から釣るわけでなく、潮の流れのあるところで釣りますから、尻尾を切り、尻から針を刺し、腹の手前で針を抜きます。

 
尻尾を切らずに使うとエビがくるくると回り、トラブルの原因となります。


Comments are closed.