初春の間の船のメバル釣りの午後便の場合は、明るい間からメバルを狙う船と、明るい間はガシラなどの他の魚種を主に狙いながら、メバルも狙うという船があります。

メバルのみの場合も、他の根魚を狙う場合も、どちらにしても比較的底狙いであることは代わりありません。

more…

4月のいっぱいまでの船のメバル釣は朝マズ目か、夕マズ目を主体とした釣りになります。
乗合船で言う午前便と午後便です。

more…

船のメバル釣りは初冬から春にかけての人気の釣りです。
メバルというと夜行性の魚で釣り人からは非常に人気のある魚です。
春告魚との別称のとおり、春先に釣れるメバルが特に人気があります。
磯や波止からのメバル釣りも人気がありますが、船で釣るメバルは型も大きいものが狙え人気の高いターゲットです。
関西では一年中メバルを狙う釣り船もあるくらい人気があり、産卵前の12月から2月が盛期です。

 

また、関西ではイカナゴの幼魚が出てくる2月になると特に美味となり3月はイカナゴを食べたメバルは脂が乗っておいしい時期でもあります。

 

メバルの定番といえば煮つけです。
釣り人の特権ともいえるメバルの刺身は特に3月から4月が甘みがあり、非常においしいです。
また、塩焼きにしてもふっくらとした身は、なんともいえない食感です。食べておいしい魚の代表格ともいえるでしょう。

 

 

メバル釣りの大漁と安全を願って

貴方を守り叶える 究極の開運ツールをご紹介!

 

私は特にメバルの刺身、塩焼き、そして酢漬けが食べたいので年中追っかけているといっても過言ではありません。
特に大型が狙える船のメバル釣りは腕も未熟でなかなか釣果は伴いませんがこれからも追っかけます。
そんな私の私見をまとめたホームページ。あんまり当てにならないかもしれません。

 

船メバルは難しい?

船のメバル釣りの餌は関西ではシラサエビ、シロウオ、イカナゴ、アオイソメ。
日中の釣か、夜釣りかで餌を変える位でここには初心者もベテランも差はありません。
多少、餌のつけ方はコツがありますが、、、、
一番の釣果の差は何か、、、
竿なのか、釣り方なのか、それが解明できれば私も名人なのですが、、、毎回いろいろ試行錯誤を繰り返しながら一歩ずつ前進中です。
少しは参考になることがあるかもしれません。目を通してみてください

カテゴリ: top  | タグ:

船釣りをする時は、防波堤や砂浜で釣りをするのと異なり、船に備え付けてあるものとのバランスで異なることがあります。

竿、仕掛けなど直接釣りをするため以外で、船釣り独特のものを考えてみました。

more…

カテゴリ: メバルの船釣の道具  | タグ: ,

いかなごとは、スズキ目 イカナゴ科の魚類。 形がカマスに似ていることから、「カマスゴ(加末須古)」と呼ばれることもある。稚魚は地方により「コウナゴ(小女子)」、「シンコ(新子)」と呼び、成長したものを「メロウド(女郎人)」、「フルセ(古背)」と呼ぶ。九州では「カナギ」と呼ばれる。北方系の魚であるため夏には砂に潜って夏眠を行うが、夏眠に適した粒度分布の海砂がコンクリートの骨材にも適していたため瀬戸内海のイカナゴ夏眠水域の海砂が建設資材として大量に採取され、瀬戸内海の多くの漁場が壊滅的被害を受けている。(Wikipediaより引用)

 

要は、新子が出てくる時期が有名なので、3月、4月の魚のような気がしますが、夏場は冬眠ならぬ夏眠をしている魚です。

more…