シラウオと混同する人がありますが全然異なるなる魚種です。

シロウオは、日本各地の沿岸の浅瀬に生息しており、産卵のために川に遡上します。

最近は釣りエサとして釣具屋に置かれるようになっていますが絶滅危惧Ⅱ類に位置づけされています。

生きたまま食する人もあるようですが、釣り餌としても生きが良く冬場の根魚のエサとして重宝します。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3012507391316008"
data-ad-slot="8044583152">

関西ではイカナゴが出てくると魚たちはイカナゴしか食べなくなりますので、それまでの代用品として使います。

4、5cmの長さで、体表はヌルヌルとしているので、手でつかもうと思っても難しいですから、タオルなどを利用します。

シロウオ鈎は目刺しにするか(上図)、下あごから上あごに抜くように掛ける(下図)か、刺しやすい方でよいでしょう。

長持ちするのは目刺しのように思えます。

シラサエビと比べても、イカナゴと比べても、長持ちするエサですが、動きが鈍くなると食いは落ちますから、こまめに点検してください。


Comments are closed.