4月のいっぱいまでの船のメバル釣は朝マズ目か、夕マズ目を主体とした釣りになります。

 
乗合船で言う午前便と午後便です。


どちらも、日が出て、又は日がある間の釣りになりますから、餌は虫餌はほとんど使いません。

 
冬場の釣りとほとんど同じで、シラサエビ、シロウオ、あればイカナゴ。

 
イカナゴの餌があればこれに勝るものは無いのですが、ここ2年連続してイカナゴが不漁です。

 
船長に聞いても、高くて餌に出来るような値段ではないとのことでした。

 
イカナゴがあるときは、結構たくさんのメバル狙いの船が出ますが、今年は午前便では良い釣果を出している船は少なかったようです。

 
本来ですと、潮が動く日の潮止まり前後は入れ食いとなるのですが、今年はどうした加減か数釣が出来るケースは少なかったようです。

 
ただし、比較的型の良いものがあがったと聞いています。

 
瀬戸内のメバルは、餌にシラサエビを使うときは、小エサに小針といわれ、市販のメバル針を見てもわかるように、瀬戸という字をつけると同じ号数でも半分くらいの大きさになっています。

 
この理由ははっきりしたことはわかりませんが、比較的潮の流れの早い中で釣りますので、水の抵抗を受けにくいものの方が良いのではないかと推測しています。

 
釣の格言として、ハリス落とすな針落とせ、というのがありますが、瀬戸内メバルの常連たちは針だけでなく、ハリスも落としています。

 
ハリス08は当たり前で、06を使っている人が多いのです。

 
これも、全体のバランスの問題で、長い柔らかい竿を使っているから06のハリスでも持つのであって、私が使っているような4m足らずの竿では08でも難しいでしょう。

 
最低でも1号は必要だと考えています。

 
そして、それでも釣果を出すためには、とにかく針は小さいもので、生きの良い餌を付けること。

 
淡水エビを尻尾を切って、海水の中に入れるのですから、そんなに長く生きているわけもなく、とにかくこまめに餌を変えることは必須です。

 
瀬戸内の仕掛けは4本針以上の仕掛けが多いですが、慣れないと餌変え時にトラブルが多発します。

 
船長が仕掛けを上げる合図をして、次の投入の合図までの間に、仕掛けのトラブルを解消し、餌を付け変え、合わせて投入するということを考え、自分の力量に合わせて仕掛けを考えないと絶対に釣果は上がりません。

 
地合のときに、一度の仕掛けの投入で、1尾ずつでも上げないと坊主になりかねないくらい最近のメバルの地合は短くなっています。

 
いきなり、ベテランの人たちのように5mもある長い竿で、5本、6本も針の付いた仕掛けを使うのでなく、自分の扱いやすい長さの竿で、短時間に餌交換の出来る針の数の付いた仕掛けを使うのがベストです。

 
私は、まだまだベテランとはいえませんから、3.3mから4mまでの竿で、4本針の仕掛けを使います。

 
そして、特に地合の時には、一番上の針はサビキをつけるか、擬餌をつけて、餌の交換は3本までにします。

 
でないと、「入れて」「高くなるよ」「上げて」というその船のリズムに余裕を持って乗れなくなってしまいます。

 
また、「高くなるよ」といわれてからは遅れている場合は仕掛けを入れないほうが良いこともあります。

 
入れても底取りがうまくいかないと即効で根掛かりということにもなりかねないですから。

 
そして、根掛かりして、これを取るために竿をあおったりしたら、糸鳴りでメバルの群はいっぺんに消えてしまいます。

 
他の人にも迷惑をかけることになりますものね。


Comments are closed.