船のメバル釣りは初冬から春にかけての人気の釣りです。
メバルというと夜行性の魚で釣り人からは非常に人気のある魚です。
春告魚との別称のとおり、春先に釣れるメバルが特に人気があります。
磯や波止からのメバル釣りも人気がありますが、船で釣るメバルは型も大きいものが狙え人気の高いターゲットです。
関西では一年中メバルを狙う釣り船もあるくらい人気があり、産卵前の12月から2月が盛期です。

 

また、関西ではイカナゴの幼魚が出てくる2月になると特に美味となり3月はイカナゴを食べたメバルは脂が乗っておいしい時期でもあります。

 

メバルの定番といえば煮つけです。
釣り人の特権ともいえるメバルの刺身は特に3月から4月が甘みがあり、非常においしいです。
また、塩焼きにしてもふっくらとした身は、なんともいえない食感です。食べておいしい魚の代表格ともいえるでしょう。

 

 

メバル釣りの大漁と安全を願って

貴方を守り叶える 究極の開運ツールをご紹介!

 

私は特にメバルの刺身、塩焼き、そして酢漬けが食べたいので年中追っかけているといっても過言ではありません。
特に大型が狙える船のメバル釣りは腕も未熟でなかなか釣果は伴いませんがこれからも追っかけます。
そんな私の私見をまとめたホームページ。あんまり当てにならないかもしれません。

 

船メバルは難しい?

船のメバル釣りの餌は関西ではシラサエビ、シロウオ、イカナゴ、アオイソメ。
日中の釣か、夜釣りかで餌を変える位でここには初心者もベテランも差はありません。
多少、餌のつけ方はコツがありますが、、、、
一番の釣果の差は何か、、、
竿なのか、釣り方なのか、それが解明できれば私も名人なのですが、、、毎回いろいろ試行錯誤を繰り返しながら一歩ずつ前進中です。
少しは参考になることがあるかもしれません。目を通してみてください

カテゴリ: top  | タグ:

前回は最も釣りやすい潮の状態のときの釣り方をご紹介しました。

 

前回も述べたように、遊漁船でのメバルの半夜釣りの場合は実釣時間が短いので潮が変わるまで待てません。

 

釣りにくい潮のケースをご紹介しましょう。

more…

メバル狙いの夏場の半夜釣りで乗合船からの釣りの場合、実釣時間が2時間程度であることはお分かりいただけると思います。

 
日が沈んで、沖払いをするまでですから、7時から9時の2時間というのが基本と考えます。

 
マイボートや、チャーター船で長い時間の釣りをするのであれば潮の状態を見ながら地合を待つことも可能ですが、釣り時間が決まっている乗合船ではそうはできません。

 

more…

メバルの船釣りの夏の半夜釣は乗合船で行くと実釣時間が非常に短くなり、潮に左右されるケースが多くなります。

more…

ある遊漁船の約2ヶ月のメバル狙いの半夜釣の結果です。

 

潮止は満潮、干潮のいずれかを指しています。 平均潮位を80cmとして表しています。

 

潮位差は満潮と干潮の高さの差、実釣潮位というのは日没時(釣り開始時)の潮位と沖払い時の潮位を表しています。

more…

5月の中旬くらいからは、半夜釣りを行う船が出てきます。
5時過ぎに出船で、半夜のみの船、3時ごろ出船で他の魚とのリレー釣りの船といろいろですがメバルのみを狙うのなら半夜のみの船で十分でしょう。

more…

カテゴリ: 春のメバルの船釣り  | タグ: